メニュー

禁煙外来

あなたの禁煙を医師がサポートします。

 禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。医師のサポートを受けながら、禁煙をしませんか?

 条件を満たせば、医療保険等を使って禁煙治療ができます。

 禁煙外来では、医師が喫煙歴を把握した上で、禁煙補助薬の処方をして、経過を見守ります。

 禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、診察で医師に相談できるので、自分一人の力で禁煙するよりも、続けやすくなります。

医療保険を使って禁煙治療ができます。

 煙草がやめられない状態をニコチン依存症と言います。これが病気であると認識されるようになり、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療が出来るようになりました。

その条件は、以下の4つです。

 1.ニコチン依存症の判定テストが5点以上

 2.(1日の平均喫煙本数)×(喫煙年数)が200以上
(2016年4月より35歳未満にはこの要件がなくなりました。)

 3.ただちに禁煙を始めたいと思っている。

 4.禁煙治療を受けることを文書で同意している。

 

 過去に医療保険等で禁煙治療を受けたことのある場合、前回の治療の初回診療日から1年経過していることが必要です。1年経過しないうちは、自由診療(自費)で治療ができます。

 

再喫煙をしてしまっても医療保険で挑戦出来ます。
*過去に、禁煙治療を行った人で、再喫煙をしてしまっても、1年経過していれば、医療保険で挑戦できます。

期間・通院回数

 12週間に5回です。

費用

禁煙したいけど、いくら位かかるか知りたい、とのご質問が多いので、費用の目安を掲載します(平成29年8月現在)

●当院の窓口でのお支払い

保険証自己負担割合 費用
1割

¥2,090

2割

¥4,160

3割

¥6,250

 

●調剤薬局でのお支払い

*一例として、禁煙補助薬のチャンピックスの場合です。

保険証自己負担割合 費用
1割 ¥4,830
2割 ¥9,650
3割 ¥14,480

 

●合計

保険証自己負担割合 費用
1割

¥6,920

2割

¥13,810

3割 ¥20,730

2018年4月現在

●タバコ代

1箱440から480円を1日1箱吸ったとして(1か月30日で計算)

1か月¥13,200円から14,400円

2か月26,400円から28,800円

喫煙を続けると

 喫煙しなかった場合に比べて、肺がんだけではなく、狭心症や心筋梗塞と言った心疾患や、脳梗塞などの脳血管疾患、COPD(慢性閉塞性肺疾患)になる危険が高くなることが知られています。

 病気になって通院や入院にかかる時間や労力・費用を考えると、一日も早く禁煙をすることをお勧めします。ご自身のために、ご家族や友人、かけがえのない人達のために。

 

禁煙外来は、内科の受付時間内であれば、予約なしで受診ができます。

診療受付時間

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME